美容を気にする女性の大敵、「スキンタッグ」。
スキンタッグとは、顔や首などにできる小さなイボのことを言います。

顔や首にできてしまうと、けっこう目立つので、オシャレを楽しみたい女性には大敵ですね。

かつては加齢の証ともいえるものでしたが、最近では若い女性の間でも、発生が目立つようになってきました。

20代後半くらいから気になり始め、人生の一番華やかな時にスカーフやマフラーが手放せなくなる方もいるようです。
一度気になってしまうと、ついつい触ったり削り取りたくなってしまいますね。

今回は、スキンタッグの原因と見分け方、代表的な治療法、予防法について解説いたします!

スキンタッグの原因と見分け方


スキンタッグは、どうしてできるかご存知ですか。
他人から感染する?ウィルスによる?加齢のせい?…いくつか心当たりがあるでしょうか。

原因

スキンタッグができる原因は、主に加齢や生活習慣によるものと考えられています。

ウィルス感染によってできるイボもありますが、そちらは「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」などと呼ばれる、スキンタッグとは異なるものです。

「加齢による」というのはつまり、「年を重ねるごとに、肌のターンオーバーが乱れ、古くなった角質が適度に排出されずに残るため」という意味で、「生活習慣」というのは、紫外線や摩擦による影響を意味しています。

多量の紫外線を浴びた手や顔、洋服やアクセサリーの摩擦を受けやすい首やデコルテなどに多発するのは、これらの刺激が原因だと言えるでしょう。

見分け方

先ほど触れましたが、イボの中には自然発生するものと、ウィルス感染によるものがあります。
見分けるポイントとしては、「痛み」、「大きさ」、「広がり方」などが挙げられます。

スキンタッグには、下記のような特徴があります。

  • 痛みがない
  • 目には見えないけど触るとザラザラしている感じから2㎜程度までの大きさ
  • 広範囲に広がって発生する
  • 色は肌色から茶褐色

ご自分の症状と照らし合わせて、いかがでしたか?

顔や首、デコルテにポツポツと痛みのない小さなイボが多発していたら、「スキンタッグ」と考えて良いと思いますので、後半の”治療法”を参考にしてみてください。

反対に、痛みのある大きめで白っぽいイボが出来ていたら、ウィルス感染が疑われますので、早めに病院で治療を受けてください。

スキンタッグの治療法


スキンタッグを治すには、「病院で治療を受ける」か、「自分でケアする」の2つの方法があります。

病院での治療

通院を考える場合、まずは皮膚科を受診してください。
皮膚科では医療用ハサミで切除するか、液体窒素で冷却除去する方法が一般的です。
一回ごとの施術時間は短くて済みますが、治療中の痛みが強く、途中で治療を断念する方もいるようです。

また、イボは取れても、治療した部分が色素沈着を起こしてシミになる恐れがあるのがやや心配ですね。

自分でケアする方法

スキンタッグの主な原因が肌のターンオーバーにあるとすれば、これを正して補ってあげれば良いとも言えますね。

お顔のお手入れに美容液やクリームを使うのと同様に、首やデコルテにも専用のクリームを使って、角質除去と保湿を同時に行うのがおすすめです。

朝晩の簡単ケアで、みずみずしいデコルテラインを取り戻せたら、嬉しいですよね。

スキンタッグの予防法


できてしまったスキンタッグを綺麗に取り除くのと同時に、新たなスキンタッグを作らないためのケアも考えていかなければなりません。

そのためには、肌のターンオーバーを整え、古い角質を正常に排出しながら、肌に優しい美容成分を浸透させていくのが効果的です。

市販されているスキンケア商品の中には、いくつかの首筋専用クリームがあります。

例えば、シルキースワンは肌のターンオーバーを助け、プラセンタやヒアルロン酸、ビタミンCなど複数の美容成分が配合されているのでおすすめです。

ポロとつるるん♪デコルテ美人

毎日のフェイスケアにちょっとひと手間プラスして、トラブルを寄せ付けない、強くしなやかな肌を取り戻せると嬉しいですね。