中高年の女性を悩ませる老人性イボは、別名「脂漏性角化症」とも呼ばれます。
顔や首、デコルテなどの紫外線を浴びやすい部分や、太ももも、二の腕などの柔らかい部分に好発します。

イボも一つや二つでしたら、あまり気にならないかもしれませんが、老人性イボが厄介なのは数が増えて目立ってしまうことですね。
特に首やデコルテは年齢を表すと言われる部分ですので、ここにイボが多発していると鏡を見るたび気になるのではないでしょうか。

特にお年を召した女性の中には、お化粧や洋服で隠しきれず、ケアの方法も分からないまま、悩んでいる方も少なくないかもしれません。

今回は、そんな「脂漏性角化症」ができる原因と治療法、予防法について詳しく解説いたします!

脂漏性角化症とは?


脂漏性角化症は、皮膚の良性腫瘍のひとつです。
皮膚の老化現象ともいわれ、「老人性イボ」と呼ばれることもあります。

同じ部位に複数発生するのが特徴で、見た目が悪くなるので、除去治療を受ける方や、治療したいけど迷っている、という方が多くいらっしゃいます。

かつては中高年の方に多かった症例ですが、最近では20代のうちからこの脂漏性角化症に悩む方も増えているので、もっと手軽に治療が受けられるようになると良いですよね。

発生の原因と治療法


脂漏性角化症が起きる原因と、その代表的な治療法をご紹介します。

発症の原因

別名「老人性イボ」と言われることからも分かる通り、発症の原因のひとつに、「加齢」が挙げられます。
年齢を重ねるごとに、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、古い角質が残ったままになり、それがポツポツとしたイボを形成する下地になってしまいます。

逆に言うと、肌のターンオーバーを整えて、古い角質を適度に取り除いてあげれば、ツルツルすべすべの状態が保てるというわけです。

また、加齢の他に「生活習慣」も発症原因のひとつだと言われています。
紫外線を過度に浴びてきたことや、アクセサリーなどによる摩擦が、肌を痛めイボを生み出すことにつながってしまうのです。

代表的な治療法


こうして出来てしまったイボを取り除きたいと考えた時、最もポピュラーなのは皮膚科での治療です。

皮膚科を受診すれば、担当医の診察のもとで”医療用ハサミによる切除”や”液体窒素による冷却除去”が受けられます。
痛み・費用・通院回数・除去痕・再発の可能性などについて、担当医とよく相談したうえで治療方法を選択してください。

美容皮膚科では医療用レーザーで焼き切ることもありますが、自由診療となり健康保険が適用できないことが多いので、皮膚科での治療に比べると費用がかかります。

費用・払い方・通院回数・再発の可能性などについて、事前によく確認しておくと良いと思います。

自宅でできる除去する方法・予防法


前述した通り、主な原因は2つですので、これを防ぐのが一番の予防法と言えます。
肌のターンオーバーを整え、紫外線に当たらず、摩擦などの刺激を与えないことが大事なのです。

具体的には、顔のスキンケアと同様に、専用のクリームを使って古い角質をやさしく取り除き、紫外線や摩擦に負けない美容成分を浸透させると、出来てしまったイボを取り除きつつ、新しいイボの発症を防ぐことにつながります。

一言で美容成分と言っても色々ありますが、昔からイボに効くとされてきた「ハトムギ」、肌の水分を保つ「ヒアルロン酸」、美白や抗老化作用を持つ「ビタミンC」などが含まれたものを選ぶと良いでしょう。

日中の外出ではストールや日傘を使って紫外線を浴びない工夫をしたり、サプリメントで「ヨクイニン」を補給すると、より高い効果を実感できると思いますよ。

代表的なクリームとサプリメントをご紹介しますので、悩んでいるけど病院はちょっと…という方は是非お試しください。

ハトムギ・オウバク・チャカテキン他、数種類の美容成分が配合された”シルキースワン”

生薬の力でイボを撃退”ヨクイニン錠”